独女 老後

独女の老後はどうなる?寂しい?

老人

独女であっても高齢になっても寂しいと思うことはあまりないでしょう。独身で寂しい、寂しいと嘆いているのであれば既に婚活をして積極的に活動しているに違いありませんから。

 

それでも稀に、寂しくなるときがあります。

 

多くの独身女性に聞いていた多かった意見を紹介してみましょう。

 

@震災や災害などで生き残ったはいいが、不安なため強く孤独を感じるとき
これは東日本大震災で被災した多くの独身女性が言っていたことです。
広範囲に被災したので、東北に住む方から東京に住む人まで余震が起こるたびに
不安になり、一人でいることが嫌だ、こんなことなら結婚しておけばよかったと、
20代後半の方から40代の方まで多くの意見がありました。

 

A仕事を定年で辞めたとき
独身であれば余程資産が無い限り仕事をしなければいけないのですが
仕事をしていると日々の日常に忙殺されて気が張っている状態になります。
それが退職をすることで、考える時間も多くなり、ふと寂しさを感じるようです。

 

まとめると、人は不安になったときや目標や目的が無くなったときに
支えとなる人間を身近に求める傾向があるようですね。

 

こういった思いが嫌なのであれば、今すぐ婚活を始めるといいでしょう。

 

 

>>無料で恋人候補データをご紹介<<


独女の老後に計画性は欠かせない

独女の場合、老後のビジョンはしっかりと持っておくことが要求されます。
危機管理ともいえるでしょう。
親が亡くなったり、自分が病気になったりと不意に起こる問題にも対処しなければいけません。

 

金銭的な問題も多く聞かれます。
独身を貫くなら、貯金をしっかりとしておく、老後になっても住める住居の確保、
何かあったときに助けれくれる人間関係の構築など、
老後になってからではどうしようもないことばかりです。

 

ですが、早め早めに計画をもって上記の問題をクリアしておけば
お金にも余裕があり、高齢者になっても住む場所の不安もなくなり、
一人自宅で倒れることがあっても早期発見につながったりと対策ができており安心なわけです。

 

そんなことを考えるのが嫌であれば、結婚を考えるしかありません。
若いときとは形は違うかもしれませんが、何歳になっても恋愛はできるものですよ。

 

 

資料請求の前に恋人を探そう!結婚チャンステスト>>